グレインフリーは肥満防止に繋がり、胃の負担も軽減できるドッグフードです。

MENU

グレインフリー(穀物完全不使用)、無添加が与えるシニア犬への影響

 

近年、ドッグフードにはグレインフリーの考え方が広まって来ており、需要が高まっています。
グレインとは穀物のことであり、トウモロコシ小麦などが該当します。
つまり、グレインフリーとはこうした穀物を一切使用していないことを意味するのです。

 

穀物は胃で消化されると糖質に変化してエネルギーに変わります。
人間と同様に愛犬にとって大切な栄養素の1つです。
エネルギーになる穀物を使わないドッグフードにはどんな意味があるのでしょうか?

 

グレインフリーを採用するピッコロの秘密に迫りたいと思います。

 

 

ピッコロはグレインフリー

ピッコロドッグフードには穀物が含まれておらず、完全なグレインフリーとなっています。
有害な添加物も入っていないため、愛犬に優しい無添加なのです。

 

とうもろこし不使用

愛犬が高齢になると、どうしても消化能力などが衰えてしまいます。
そうした際に、胃の負担を軽くするのがグレインフリーです。

 

ただ穀物を使用しないだけでなく、良質なタンパク質や適度な脂質が含まれており、かつ美味しいというのも大事です。
体に優しいドッグフードでありつつも美味しい食事を実現させているピッコロはシニア犬の味方でしょう。

 

グレインフリーは消化を助けるだけでなく、アレルギーの回避にも最適です。
小麦やトウモロコシにアレルギーを持つシニア犬は決して少なくないのです。
このように愛犬の健康へ配慮し、シニア犬の一生に寄り添うのがピッコロのグレインフリーです。

 

 

グレインフリーがシニア犬へ与える影響

シニア犬は子犬時代と比べて運動量が大きく減ります。
散歩に行っても常に走り周ろうとしたり、家や庭を常に走り周ったりはしません。
そうなると、子犬の時と同じ食事では確実に肥満になってしまうのです。

 

そこで注目したいのがグレインフリーです。

穀物が入っていないので糖質の取り過ぎを防ぐことが可能です。
糖質を取り過ぎると体内で血糖値が上昇してしまい、脂肪を蓄えるような働きをしてしまいます。
シニア犬の肥満は病気に繋がりやすいので飼い主が健康管理をしてあげなければなりません。

 

また、シニア犬は胃の消化能力が衰え始めています。
実は犬にとって穀物は消化しにくいものなのです。
人間と違って消化酵素のアミラーゼが少ないので消化するのに時間が掛かるのです。

 

少量であればまったく問題ありませんし、子犬の頃であれば気にならないでしょう。
しかし、シニア犬になってからは穀物の与え過ぎには注意するべきなのです。

 

グレインフリーは肥満防止に繋がり、胃の負担も軽減できるドッグフードです。
ちなみにアレルギーの問題も避けられるので覚えておきましょう。