ピッコロは美味しさとヘルシーさ、両方にこだわったシニア犬にふさわしい食事です。

MENU

シニア犬に低カロリー、脂質控えめがいい理由

 

 

シニア犬になって来たら、とにかく日々の食事に気を配らなければなりません。
子犬の頃とは違い必要な栄養素が違いますし、しっかりと健康管理しないと病気にもなってしまいます。

 

脂質やタンパク質を控え目にしようとする飼い主も居ますが、大抵のケースでは誤った知識なのです。
シニア犬に最も必要な栄養素はタンパク質であり、脂質やカロリーは少なくて良いのです。
さらに言えば糖質も少なくする方がシニア犬には有効でしょう。

 

低カロリーで脂質を控え目、そして糖質も少し減らすのがシニア犬にふさわしい食事です。
シニア犬のためのドッグフードであるピッコロは、この点に非常に強いこだわりがあります。
ピッコロのこだわりを通じて、シニア犬にふさわしい食事を考えてみましょう。

 

 

シニア犬にはふさわしい食事

冒頭で触れたように何よりも必要なのがタンパク質です。
骨や内臓はもちろん、生えている毛などもタンパク質によって構成されています。

 

チキンとサーモンが70%配合されているピッコロには、良質なタンパク質がたっぷり含まれています。
体のリズムを整えて理想的なコンディションにすることが出来るでしょう。
香りが良いので食いつきも良く、普通のドッグフードを食べない愛犬にもおすすめ出来ます。

 

また、低カロリーと脂質制限にも注目しましょう。
シニア犬になると運動量が少なくなるので、カロリーが高いとどんどん肥満気味になってしまいます。
肥満になると病気の発生確率が高くなるため、まさに肥満は万病の元と言えます。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、単純に食べる量が減れば良いという考え方です。

確かにカロリーを減らすには食事の量を減らせば良いです。
しかし、それによって必要な栄養素が足りなくなってしまえば、愛犬の健康に悪影響を及ぼしてしまいます。
良質なタンパク質がたっぷり含まれていて、かつ低カロリーなドッグフードでなければいけません。

 

美味しさとヘルシーさ、両方にこだわったドッグフードこそシニア犬にふさわしい食事なのです。
それこそがピッコロです。

 

 

ピッコロのこだわり

ピッコロのドッグフードは、とにかくシニア犬の健康維持に対して強いこだわりを持っています。
良質なタンパク質をたっぷりと配合しつつ、低カロリーで脂質も抑えているのです。
グレインフリーも食物アレルギーや脂質の取り過ぎに配慮しています。

 

シニア犬と飼い主の楽しい人生を考え抜いたからこそ、美味しさと健康をサポート出来るのでしょう。
ピッコロにはシニア犬のための栄養素がしっかりと含まれていつつも、100グラム355キロカロリー、脂質は15%と少な目です。
健康管理に適していますし、安心して食べられるようになっています。

 

愛犬の健康に配慮したこだわりが飼い主から支持され、ピッコロの人気を支えているのでしょう。

 

 

 

ピッコロドッグフード公式へリンク