健康管理は総合栄養食、病気の治療は療法食と覚えておきましょう。

MENU

療法食との違い

 

年老いた愛犬には、時に療法食を用いることがあります。
療法食とは、特定の病気に対してベストな栄養バランスに調整されたドッグフードのことです。

 

食事の成分や量などを調整して、特定の病気に対して治療を行う目的があるのです。
症状を緩和させる場合や、内臓や骨を守る働きも期待出来ます。
健康管理を考えれば、こうした療法食はもっと取り入れられても良いでしょう。

 

さて、療法食シニア犬用のドッグフードも違うものなのでしょうか?
総合栄養食と書かれたシニア犬用のドッグフードを見かけたこともあるはずです。

 

療法食と総合栄養食では何が違うのか、しっかりした健康管理を行うためにも知っておきましょう。

 

 

総合栄養食と療法食の違い

 

総合栄養食

総合栄養食、例えばピッコロのドッグフードもこれに該当します。
シニア犬が必要とする栄養素をすべて含んでおり、ピッコロドッグフードと水を摂取していれば健康を維持できる状態になります。
各メーカーごとに多少の差はありますが、理想的な栄養バランスに調整されたドッグフードのことです。

 

療法食

療法食ですが、こちらは特定の病気の治療を行うために調整されたドッグフードです。
極端に低カロリーになっている場合もあれば、逆に高カロリーで体重を増やす栄養素がたっぷり含まれている場合もあるでしょう。

 

では、シニア犬用のドッグフードで療法食の代わりを行うことは可能なのでしょうか?
答えは難しいという結論になります。
そもそも必要としている栄養素が異なるので、総合栄養食であるシニア犬用のドッグフードで代用は難しいです。

 

ただし、栄養バランスが良くなることで改善する病気であれば、シニア犬用のもので治療は可能です。健康管理は総合栄養食病気の治療は療法食と覚えておきましょう。

 

 

ピッコロのドッグフードがおすすめなケース

獣医と犬

療法食が必要な場合は、専門の獣医からアドバイスを受けるのが一番です。愛犬の体にはどのような食事が必要か、正しく理解しましょう。

 

しかし、ある程度原因がはっきりしている場合はピッコロのドッグフードで症状改善を考えてみても良いでしょう。

 

例えば、涙やけの症状や穀物アレルギーはピッコロのドッグフードで改善する可能性があります。

 

特に穀物アレルギーはグレインフリーのピッコロが高い効果を発揮するでしょう。

 

肥満気味のシニア犬にもピッコロの低カロリーなドッグフードはおすすめです。
ピッコロのドッグフードには良質なタンパク質が含まれていますし、関節をサポートする成分も入っています。

 

シニア犬にとって理想的な栄養バランスがピッコロで実現されているのです。